リンツ

リンツ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

モーツァルト : 交響曲第31番ニ長調「パリ」
演奏会がジワジワ近づいてきました。
2006/1/22(日)パルテノン多摩で本番です。
あと、1ヶ月ちょっと・・・

今回リンツも演奏します。
ずーっと譜読みのときから1枚をイメージCDとして聴いています。
18世紀オーケストラ/ブリュッヘンの録音。
うーん、躍動的♪
モーツァルトはリラックス音楽の代名詞のようになっていますが、
このCDは違って驚きました!です。
たぶん指揮者のT先生もこっち派ですな(^v^)

モーツァルト:交響曲第36番で、1枚に偏ってはマズイということで、聴いたのはベルリンフィル/アバド。途中で寝てしまいました・・・。リラックス系なのと、楽譜にそんなこと書いてないよ、やりすぎじゃにゃーか?こういう解釈もあるんだな、という演奏でした。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

コメント
この記事へのコメント
私もブリュッヘン好き
今頃スミマセン。
私もブリュッヘンの盤を愛聴してました。
モーツァルト、ハイドンは
専らこの18世紀オーケストラが好きです。
古楽器だからか、ピッチが低めですね。
ティンパニにも古楽器ってあるのかしら。
この盤を聴くとけっこうバンバンした音ですが。
2006/01/23(月) 22:33 | URL | ほにゃら #-[ 編集]
バンバンなんですよね。あれは古楽器と思われます。
あんまり詳しくなくてごめんなさい。
もちろんT管演奏会はモダン楽器なので、
ミュートしてバンバン叩きました。
モーツァルトをふにゃふにゃ音楽と思っている人には(過去の私)
刺激が強かったかも。それにしてもキツかった・・・叩き詰め・・・
2006/01/24(火) 22:42 | URL | Eり #OxVneFcw[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://perckerah.blog11.fc2.com/tb.php/35-cabfbe89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。