2008年01月

2008年01月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

次回6月の多摩管演奏会では
チャイコフスキー「1812年」を演奏します。

「で、どうするんですか?大砲は?鐘は?」

無難にバスドラとチャイムで演奏しようと思っていたんですが、
指揮者の『一ひねり欲しい』ような雰囲気に押され、
どんな演奏方法があるか、調べ中・考え中です。

何年か前に自衛隊が本物の大砲で演奏した、と聞いたことを思い出して
検索してみたら、動画がありました。
便利な世の中になったものですねぇ。



でも、生々しい大砲音で、複雑な気分になりました。
ますます、どう演奏するか悩んでしまいます。

魂の打楽器奏者への道は険しく遠くても、頑張りますから、
戦争が立ちはだかることがどうぞありませんように・・・

にほんブログ村 クラシックブログ 打楽器へ
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

多摩管弦楽団「冬の名曲コンサート」にご来場くださった皆さま、
ありがとうございました。
シベ1最後のTimpロールは「鬼気迫る」と評していただいて、
とりあえず何かを得たような気がします。

演奏会を終えて、ふと思い出した印象的な言葉・・・
年末、N響アワーで放送されたネヴィル・マリナーのインタビューでの言葉です。


   演奏の良し悪しとは別に
   自己を表現し、最善を尽くして演奏することで、
   「このために生まれてきたのだ」と実感できるのです。
                 <ネヴィル・マリナー>



『このために生まれてきたのだ』とまでは実感できていませんが(笑)
『最善を尽くす』ため、
不器用でも要領が悪いと言われようが、
次回演奏会本番に向けて、地道に練習していこうと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

多摩管弦楽団 冬の名曲コンサート2008年1月12日急に冷え込みが厳しくなりました。
明日はもしかしたら雪かもしれないそうです。

明日は【多摩管弦楽団冬の名曲コンサート】本番当日。
メインはシベリウス。
ここに雪なんて降ったらもうムード満点すぎです。
チラシetcのデザインのせいなのか・・・(そしたらわたしの責任?)

そういえば、前回「田園」演奏会は台風・嵐でした。
天気と連動して、効果抜群!

皆様のご来場を心よりお待ちしております。
【多摩管弦楽団冬の名曲コンサート】演奏会詳細

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

太鼓の達人DS タッチでドコドン!(太鼓の達人専用タッチペン「バチペン」同梱)【太鼓の達人】は打楽器ならずとも心躍らせるものでしょう。
楽器をやるとすべて基本に『リズム』があるし。
ましてや打楽器ヲヤ。

ゲーセンではやったことがあるものの、DS版「太鼓の達人 タッチでドコドン! をお正月に甥っ子にやらせてもらいました!

ベト7やウィリアムテルも入っていて、驚き。
連打で甥っ子に尊敬のまなざしを向けられ、ちょっと照れ。
シベ1を必死に練習してきた甲斐がありました(笑)

タッチペンとどこが違うのかも良くわからないけど
ネーミングが「バチペン」なところも、ナイス♪
マッチドグリップではなく、鉛筆を持つようにしないと難しいのはご愛嬌ですね。

それにしても、【太鼓の達人】という言葉の響き。
"達人"でなくてもいいから、"凡人"ぐらいにはなりたいなぁ・・・

魂の打楽器奏者への道のりは遠い。

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。