生演奏を聴く

生演奏を聴く に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

カスタネットの協奏曲、世界初演情報です



■東京プロムナードフィルハーモニカー
 第5回定期演奏会

日時:2011年9月19日(月・祝) 14:00開演
場所:杉並公会堂大ホール
曲目:ブラームス ハイドンの主題による変奏曲 作品56a
今井重幸  カスタネット小協奏曲「ファンタンゴスに基づく協奏的変容』★世界初演 
ブラームス 交響曲第3番ヘ長調 作品90
指揮:佐藤 迪  
カスタネット:真貝裕司

詳細は こちら>>http://www.concertsquare.jp/blog/2011/201106196.html


カスタネット Castanets プロフェッショナル 上級者用(高級黒檀製)カスタネット Castanets プロフェッショナル 上級者用(高級黒檀製)
()
Applo

商品詳細を見る


スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

アンサンブル ブルーム コンサート 2011.7.9先月のアメリカツアーを終えた、打楽器アンサンブル【 アンサンブル ブルーム 】。
明日開かれる、ライブのお知らせがありました!

■アンサンブル ブルーム コンサート
日時:2011年7月9日(土) 開場13:00 開演13:30
場所:渋谷公園通りクラシックス
(JR渋谷駅ハチ公口下車 徒歩6分)
チケット:3000円(1Drink別)
※委嘱作品の初演や、このライブのためのアレンジなど演奏予定。

詳細はアンサンブルブルームHPをご覧ください。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

NHK音楽祭の11/18公演の
マリインスキー劇場管&ワレリー・ゲルギエフ、
【ロシアの偉大な作曲家たちによるバレエ音楽】を聴いてきました。

NHK音楽祭2007


曲目は[白鳥の湖]とプロコフィエフ[ロメオとジュリエット]抜粋、
[春の祭典]・・・濃い~・・・

ロシアのオケで、ロシアバレエ音楽を聴いてみたかったので、
木枯らしの吹くなか行ってきました。

白鳥の湖は爆発終曲を演奏しなかったので、なんだか欲求不満。
もしかしてバレエ版はあれで終わるのだったけかなぁ。

ロメジュリは・・・好きな曲ですがノーコメント。夢の中へ行きました。
春の祭典は、今年のラフォルジュルネでの桐朋学園オケの熱演が印象的だったので、
今回の演奏を聴いていても・・・う~ん、「ロシア演奏はこうなのか?」。

自分のソロ的演奏が終わると「やってやったぜ!すごいだろ!」という風な動作をとるのがロシア流なのでしょうか?

バシッとキメることは見習いたいですが、複雑な気持ちです。
そのソロが終わっても、音楽は続いているのに・・・

この演奏会は12/3にNHK BS2で放映される予定だそうです。

期待しすぎたのかもしれないけど、
大好きなファビオ・ルイジ指揮のチケットを取ればよかったか(^^;)

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ステキなサロンコンサートのご案内をいただいたので、
こちらでもお知らせします。

アンサンブルコンサートなどで寂しい思いをしている打楽器なわたしも、
この編成でアンサンブルができる!という可能性にときめき中です♪

会場自体も一見の価値あり。
東京・世田谷の萩原邸(登録文化財)の音楽ルームでの、
贅沢にも少人数に限定したサロンコンサートです。

大正ロマンあふれる、萩原邸サロンコンサート~落ち葉が黄金色を魅せる時
カスタネット・ヴァイオリン・ピアノによる秋の限定20名の音楽会


日時:2007年11月15日(木)18時45分開演
場所:登録文化財「萩原邸」音楽室
   東京都世田谷区三宿1-15-6 
   http://www.amadeschool.com/access.html
演奏:カスタネット(Ca.):真貝裕司(札幌交響楽団)
   ヴァイオリン(Vn.):萩原淑子(元 ブダペスト祝祭管弦楽団)
   ピアノ(pf.)   :中山真理(ピアニスト)

詳細はこちら→http://www5c.biglobe.ne.jp/%7Ecastanet/071115_salon.htm

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

打楽器を演奏していたり、興味があるのに、
このイベントがあったことを後から知ったら、
くやしすぎるだろうイベントなので、ここでもご紹介します。
わたしは行きますっ!



《叩けば打音、鳴らして楽音、ティンパニの正しい奏法を徹底研究!》

・日時:2007年11月12日(月)18時30分開演
・ナビゲーター:山本真理子(聖徳大学 教授)
 ゲスト講師 :真貝裕司(札響)
        藤田崇文(作曲家)
        杉山智恵子(聖徳大学講師)
        田中覚(マチュアパーカッション)
・内容:
 ○ティンパニの仕組み・調整の仕方、ティンパニの基本奏法、
  ティンパニマレットの選択について、模範演奏(吹奏楽課
  題曲、オーケストラ曲)など。
 ○公開レッスン
  講習曲:藤田崇文 作曲:ティンパニ アンサンブル[pk@4]
  (ティンパニ4台、演奏者4人の曲)
   http://www.jh43.com/daonp/01.htm
 ○フラメンコカスタネット奏法

・受講料:学生500円/一般2,000円(申込み不要。直接会場へ。)
・会場・交通アクセス:聖徳大学/松戸駅東口徒歩5分
           http://www.seitoku.jp/univ/
・問合せ:聖徳大学 047-365-1111(人文学部音楽文化学科 音楽科分室)
 
・主催:聖徳大学 音楽研究センター / 共催:日本カスタネット協会
 後援:日本打楽器協会 / 協力:打楽器音楽出版

★関連サイト
藤田崇文:http://www.sowbun.com/
マチュア・パーカッション:http://mature-perc.com/default.aspx

にほんブログ村 クラシックブログ 打楽器へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

サイトウキネン 打楽器サイトウキネンのオペラ「スペードの女王」を観に行ってきました。
9月2日だったので、オペラ公演は最終日。
それもなんと、最前列&ほぼセンターの席。
舞台上や字幕は見難いときはあったものの、
ピット内オケと小澤征爾さんの指揮を間近で見れて、
感動的でした。

あまりの近さに、気分は同じピット内で演奏しているよう♪

方向性が同じだとこんなにも透明感があるんだなぁ(うっとり)
4時間近い上演時間なのに、集中力を保った演奏に驚き。
弦なんてずっと弾いているのに・・・

舞台上の歌手たちが、体は客席を向き、
目だけはしっかり指揮者を見ていて、さらに驚き。
最前列だとそんなのも見えました。

ベルリンフィルの主席ティンパニ奏者・ゼーガースさんが
ティンパニを演奏していて、マレット置きには「カトーマレット」がずらり。
使ってるって、本当だったんだ・・・

運命的&爆裂な音を出すのに、
2台同じ音にチューニングして叩いていて迫力満点。
でも割らない。すばらしー。

サイトウキネンのパンフレットを記念に購入。
今までのメンバーリストに故I先生の名前を見つけ、
「やっと来れました」と思いつつ・・・。

チケット代が高いし、入手しにくいけれど、また行きたいなぁ。
高次元な刺激になりました。

全然世界が違うけど、これからも地道に練習頑張ろうっと。
魂の打楽器奏者への道のりは果てしなく遠い・・・

にほんブログ村 クラシックブログ 打楽器へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

弦楽器も管楽器も鳴るオケでした。
打楽器はティンパニとトライアングル*トライアングル、「なめたらあかんぜよ~(怒)」団内トラなのか?
なにより、ティンパニを聴いているのが、辛かったです。
ティンパニはエレキドラムではにゃーい!と言いたくなるような、バケツをひっくり返して叩いている音にそっくり。ずーっと他の楽器の音を塗りつぶすように叩いていました。あまりのべったり大音量に吐き気してきました。

本人とは縁がありませんが、ロビーに出てきた時小耳に挟んだところでは、手が回る&音量デカイから「上手い」と言われている気配。
うーん、ある意味可愛そう・・・

押していくか、引いていくか、キープか、諸々。それは音量とはまた別の座標軸であり、それがなされているか、否か(伝わるか)が聴いている側の楽しさを左右するんだろうなァ。トレーナーのO里さんにも言われたなァ。

名づけて、「エネルギー問題」として心に刻むこととします♪
音量も出せないし、手も回らない、リズムも刻めないわたしが言うのもなんですが・・・

■当初記事から一部伏せました(^v^;)
モメゴトや恨みを買うのは嫌なのでkameyasumi.gif

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。