本を読む

本を読む に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

おやすみラフマニノフ (宝島社文庫)
ふと立ち寄ったコンビニで目にとまったおやすみラフマニノフ (宝島社文庫)

ラフマニノフ≪ピアノ協奏曲第2番≫をからめた音大ミステリー小説でした。

内容は、軽~い(個人的感想)。
要所要所の演奏場面などで
名曲解説文を読んでいるような気持ちになります。

研究者肌のかたには、楽しめるかな?

途中、『おやすみ』しながら読了いたしました。

今度、ラフマニノフ≪交響曲第2番≫を演奏します。
これが、すっごい長い・・・
演奏中に、意識失うほど『おやすみ』しないように気を付けなければ~(^^;
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

のだめ収録のエキストラ募集されているとの情報♪
のだめオフィシャルサイトには
「2008年新春、2夜連続放送 続報を待て!!!」と・・・

もう今週の月曜で募集締め切られていたのは寂しかったけど、
放送がある、ということがわかって、ちょっと幸せ~

そして、出ましたね、のだめ19巻。

のだめカンタービレ #19 (19) (講談社コミックスキス)

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

のだめカンタービレ #18 (18) パワーダウンした?と一瞬思っていた、のだめ。
18巻を読んだら、やっぱり面白いデスねぇ。

表紙はトライアングルだし♪

この特徴あるトライアングルホルダーはどこのメーカーなのかなぁ。
時間があったら調べてみよう!

・・・っと、いかん。
大好きだからといって、トライアングルに興味を向けている場合ではない!

ただ今、演奏会に向けてティンパニ一直線です(ちょっとウソ)

魂の打楽器奏者への道は続く・・・

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ひとりよがりな演奏をしそうなとき、
ついつい今練習している曲だけを深く考えがちなとき、
反対に入門本を読んだほうがいいと思っています。

これから聴きはじめる人のクラシック超入門 これから聴きはじめる人のクラシック超入門
野沢 龍介 (2006/07/12)
河出書房新社
この商品の詳細を見る


コンパクトかつ重要どころをを押えた文章で、読みやすい本発見。

クラシックにどっぷりな人には
「客観的」視点を思い出させてくれる一冊。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

オーケストラ人間的楽器学〈上巻〉オーケストラ人間的楽器学〈上巻〉 / 茂木 大輔にトライアングルについて記述がありました。

大見出しは
 『トライアングルの純粋---「ちん」の「難しさ」。』

音色の好みも人それぞれのようで、トライアングルは叩く人によって全然違いますね~

本職の奏者と、そうでない奏者の比較演奏CDまで付いて・・・
気になる人は聞いてみてください(^^;)

[RSS] [Admin] [NewEntry]

スコアを読めると、もっと楽器を演奏しやすくなるのでは?

・・・というより、スコアを読めていないとマズイのでは?!と思ってスコアリーディングの本を探してみました。

全音のスコアリーディング (スコアを読む手引き) / 諸井 三郎はよく店頭で見かけます。

中身を見て結局購入したのはスコアリーディングを始める前に~ピアノからオーケストラまで~ 楽器・楽譜の色々。カラーではないので地味です。が、「ほほ~」と思うことが書いてありました。音域まで丁寧に書いてあります。

ネットでもう少し調べてみたら、池辺さんの本も良さそうです。チェック♪
オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門 オーケストラの読みかた―スコア・リーディング入門
池辺 晋一郎 (2005/02)
学研
この商品の詳細を見る

[RSS] [Admin] [NewEntry]

ストレートな本を発見。

打楽器をたたこう CD付 打楽器をたたこう CD付
目黒 一則 (1998/12/10)
中央アート出版社
この商品の詳細を見る


どなたか読んだことあるかたいらっしゃいませんか?

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。