練習あるのみ

練習あるのみ に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

M's PercussionLabの企画、アラン・エーベルさんの個人レッスンを受講してきました!

ティンパニを中心に、予定にはなかったトライアングルまで教えていただきました。

優しく、包み込むようなお人柄に触れて、
自分の緊張もすぐにほぐれ、楽しいレッスンでした(*^_^*)
下手っぴなアマチュア奏者にも誠実に教えてくれて感動。

ティンパニは当然、アメリカンスタイルの奏法で、
合理的に、出したい音を出すための基本を教えてくださいました。
ヨーロッパ系奏法に慣れている人にはかなり新鮮だと思います。
これから受講のかた、お楽しみに~

「トライアングルの倍音を出す方法」を教えていただきながら、
ふとエーベル・トライアングルをエーベルさん本人が演奏する音を聴いて、
夢のような状況を再認識したとき、ちょっとめまいがしました。

エーベルさん来日中のクリニックで、
現時点で申し込めるのは以下のものだけのようです。

---------------------------------
【打楽器クリニック in M'sPercussionLab】

基礎的奏法からオーケストラ曲を引用した特殊な奏法まで網羅。
クリニックの中では、実際にオーケストラの音源をスピーカーで流しながら、
それに合わせて氏が演奏したり、解説したり。
Q&Aセッションもあり、直接エーベル氏に質問もOKだそうです。

日時 2009年5月17日(日) 12:00~16:00(途中休憩あり)
場所 プロフェッショナル・パーカッション Aスタジオ
参加費 4,000円(一般)  3,000円(高校生以下)
申し込みや詳細はM'sPercussionLabホームページをご覧ください。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

まるで隠れ家のような打楽器教室ができた!とお知らせいただきました。

駅から徒歩3分の便利な立地。
普通の音楽教室にはないようなティンパニを始め、
シロフォン、グロッケン、ドラムス、マリンバなど設備が充実。
音楽教室では珍しいクラシック打楽器アンサンブルのレッスンもあるそうです。

詳しくはこちらをご覧ください ↓
エムズ・パーカション・ラボ ホームページ
http://www.msperclab.com/top.html

[RSS] [Admin] [NewEntry]



練習の録音をして、自習するようになってから、本番録音を聴いて落胆することがなくなりました。

今自分はMDで録音しているのですが、エキストラさんが持っているリニアPCMが欲しくてたまりません。

前回練習で、自分で録音したMDのものと、同じ回にリニアPCMレコーダータスカムDR-1での録音は、段違いの音質!素晴らし~!

MDでは弾けて聴こえなくなっている音もしっかり拾っていて、感動的でした。

技術は進歩していくのですね~
現在、ローランドのものと比較検討中。
気になるのは連続録音時間。
ローランドは電池、ティアックのタスカムは専用充電池。
悩む・・・

[RSS] [Admin] [NewEntry]

『TVではなく、本物に触れて学ぶべき』

脳科学者・茂木さんがさっきTVで言っていました。
音楽も然り、だなぁ。

子供の「アメフトの選手になるにはどんな勉強をすれば良いですか?」という問いに対しての答えではあったのですが、どんなことにも共通することでしょう。

お金が自由にならなかった学生時分に、師匠から「招待券あるから、来い」と言われて、聴きに行ったなぁ。
加えて、目の前で演奏してもらった音のイメージは宝物。

今後も”本物”に触れられることを期待して、地道に練習あるのみ。
魂の打楽器奏者への道は、遠い。

にほんブログ村 クラシックブログ オーケストラへ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

この間放映されたN響アワー視聴者質問コーナーで、
『ホルンなど、管の長い楽器は音を出すまで時間が掛かるのですか?』に対し、
『音の出始めがはっきりしないと遅れて聞こえる』
というくだりがありました。

以前、ティンパニを演奏するたび「遅れる」と言われていました。
今以上に、もやもやした音だったからかも。

その頃は少し早く叩くように対処していたんですが、
しっくりこないまま、気持ちまでもやもやしていました。

気づけば今は、あまり言われなくなりました。
音が少しマシになったせいか、
はたまたT管の皆さんが合わせてくださっているからか。
(もしかして放置?)

ティンパニの『音の出始めをはっきり』するには
どうしたらいいんでしょう。すぐに思いつくのは下の2点。

・楽器を響かせる ・マレットを押し付けたままにしない

この2点だけでも思い通りいかないものなのですよね。

魂の打楽器奏者への道のりは遠い・・・

にほんブログ村 クラシックブログ 打楽器へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]

プラス思考ずーっと頑張って練習し臨んだ本番などで
思っていたように演奏できなかったとき・・・落ち込みます。

 『落ち込んだときがウマくなり時』

そういう言葉をかけてくれたかたがいます。

落ち込むとつい練習もイヤになりがち。
でも、そこで留まらず、そこから立ち上がって一段成長するかどうか。

人生にも似たようなことがありますね。

実際には声をかけられた相手は私ではなく、
落ち込む旦那だったのですが、
そばにいた私もなんだかやる気がでて来ました。

魂の打楽器奏者への道は、亀の歩みのごとくであっても
確実な一歩となりますように。

にほんブログ村 クラシックブログ 打楽器へ

[RSS] [Admin] [NewEntry]



昔、ハンカチを机に置いて叩いて、ずれていくハンカチを追いかけていくように叩いていたから、打点がズレズレ・・・

I先生に勧められたのが、レモの練習用パッド。練習台を持ち運べないときに便利。
ただし、しっかり平らにするのにコツがいります。
待ち時間に退屈したら粘土細工にも(笑)←やったことはありませんが。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。